怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-4284.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『妖怪に呪われた家系』
前の記事:『両親それぞれの家系』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『女を守る甲冑(追加報告)』


【因縁】家系にまつわるオカルト20代目【遺伝】

137 :本当にあった怖い名無し:2011/08/04(木) 03:01:11.40 ID:0czFH/kOO
前スレで一族の女だけ守るフェミ侍の話を書いた者だが、新しい事が判ったので報告に来た。
親戚方々に聞いて調べて回ったり、蔵の調査に来た学者先生に聞いたりした甲冑に関する資料はごく一部だが、
学者先生の研究室に保存されていた。
以下長いので箇条書きにする

・本家は大きい川に挟まれた土地にあり、室町~安土?ぐらいの時期に治水工事が行われ豊かになったが、
工事中の事故で作業員の男性が大勢亡くなる事があった。
・↑の事故で集落単位で成人男性が全滅した時期があった。
・その時期に所謂落武者が集落近辺に現れたそうで、
集落の女達が怪我の治療をしたり、食べ物を分け与えたりしたそう。
・その女達の一部が落武者を家に迎え入れたりしてた(家族にするという意味で)。

ここまでが郷土史と学者先生の知識。
ここからが甲冑の資料。

・フェミ侍も落武者で、大怪我して死にかけてるところを本家の娘に助けられ女達に介抱されて命拾いし、
本家に迎えられた。
・↑婿入りではなく、男を中心に大勢の女というハーレムみたいなコミュニティを作っていた。
他の集落でも男1~2人に対し女大勢というコミュニティが複数あった。(フリーな性交渉があったかは知らん)
・フェミ侍は、大勢の女達を治めて農業したり平穏に暮らしたそう。
・フェミ侍の手記とおぼしきものには、女達への感謝や色々な想いが書いてあった。

以上調べて判った事。
口伝と史実と学者の推測が混じってるので矛盾があったらすまん。
毛利家云々については学者先生曰く、元が毛利家の武士か西日本の人なんじゃないか?との事。
何だか一歩間違えていたらとんでもない祟り神になっていたであろうフェミ侍に改めて感謝。
そこそこ身分が高いはずなのに、わざわざ集落に残ってくれるとは義理固い男だ。

最後に、情報があれば教えて欲しい件。
スレの最初の方に、敵対家と縁のある神社に参拝できない、という流れで思い当たった。
私は九州の人と悪い縁があり、とにかく嫌われたり嫌ったり酷い目に遭わされたり遭わせたりしたんだが、
九州の武家と敵対していた武家なんか分かる人いない?
偶然かもしれないが、関係あったら避けられる悪縁かもしれないので。

次の記事:『妖怪に呪われた家系』
前の記事:『両親それぞれの家系』


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。