怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-4373.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『葬儀送迎』
前の記事:『着物を着た女の子』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『近所に知恵遅れっぽい子がすんでた』


◇ 心霊ちょっといい話VER.3 ◇

132 :偽善者:01/10/19 00:57
小学生のとき、近所に俺の3つ下の知恵遅れっぽい子がすんでました。
同じ小学校に通ってたんだけど、その子やっぱりいじめられてました。
というか、まるで人間扱いされてなかった。
授業中に大便もらしたり、着てる服いつも汚くって、
身体検査のときパンツが汚物まみれだったって話も聞いたことあった。
まぁ、いじめられるの分る気がするけど、
それにしても、こずかれるのはもちろん、トイレで水かけられたり、カバンとか焼却炉に捨てられて燃やされたり、
石投げられてるのも数回みたことある。
でも、その子、そんなことされても、泣きながら一生懸命笑ってた。
今思い返すとがんばってたんだろうなと思う。
でも、悲しいことにその泣き笑い顔が逆撫でしちゃうんだよね。
涙でぐしゃぐしゃの顔なのに引きつった笑顔で、
しゃくりあげるのと、笑い声(と思われる声)がごっちゃになって、
うめき声ともなんともいえないような声が正直ぞっとさせられた。

俺が小学6年になったころ、実は俺もいじめられてた経験があったから、なんとなく同情したのかな、
せめて学校帰るときは一緒に帰ってあげようと思って、
半分保健室登校になってたその子と一緒に帰るようになったのね。
正直気持ち悪いと思わなかったわけじゃないけど、手を握って帰ってた。


133 :偽善者:01/10/19 01:17
みんなはそんな俺たちを見かけると、必ずからかってきたし、石投げられたこともあった。
最初は「売られたけんかは買う!」と、守らなきゃと思って、石投げ返したり、悪口言い返したり、
からかってきたやつにつかみかかったりしてた。
でも、いつもそんな時、いじめられてる当の本人が俺を止めるのよ。
あの気持ち悪い声を出しながらぐしゃぐしゃの顔で。
手を強く握ってきてね、離さない。
そのうち、なんとなく、本当に憶測だけど、
彼なりにそれはそれでいじめられることも含めて、誰かにかまってもらうことがうれしいんじゃないかなと。
いじめてくる子達も、彼の中では貴重な友達の一人なんじゃないかなと感じるようになった。
そう思うようになってからは、石投げられても、からかわれても、されるがままにしておいた。
「はいはい。うんこ兄弟です。うんこ兄弟とおりまーす!」って感じで(ワラ
さすがに石を投げられたり、暴力の場合は抵抗したけど、前みたいに逆襲することはなかった。
だからといって、ドラマみたいにいじめがなくなるわけじゃなかったけど、それでもいいかと、
そんなんでも彼が一生懸命生きてるっていうのが分ったから、あまり気にならなくなっていった。

でも、そういう気持ちになれたころ彼入院しちゃってね、夏休みになるちょっと前から学校にこれなくなっちゃって、
そのまま俺が卒業するまで学校に来ることなかったのよ。
もう会えないな、どうしてるかな、そう思っていたけど、彼の親が入院先教えてくれなくって、
(たぶん、今考えると、精神系の病院だったのかなと、だから教えてくれなかったんじゃないかと思う)
結局今まで会うことできないままになってます。


135 :偽善者:01/10/19 01:37
で、俺が高校生のとき、そんなことがあったのはすっかりわすれてて、
若かった俺はやっぱりドキュソで(ワラ、学校行かなくなったときがあったのね。
今で言う不登校かな、そんな感じ。
いろんなことがつまんないし、親はむかつくし、
ほぼ毎日中退したこれまたドキュソの友達の家にいりびたって、今思うと恥ずかしいね。
シンナーやってみたり、そんなあほあほな時がありました。

で、ある日ほんとーにつまらないことで、ドキュソ友達とけんかになってね、
いろんなものがたまってたのか、二人とも血みどろのけんか・・・
頭真っ白になっちゃって、今で言う「キレル」ってやつ。
ほんとに友達を殺しちゃうんじゃないかってくらい殴りつづけちゃってね。
トドメ!ってかんじで、そこにあった石ブロックを手にしたとたん、それがなんかやたら重いの。
たぶん4・5キロくらいしかないと思うんだけど、やたら重くてね。
「え?!」って感じでそのブロック見たら、その上に子供が乗ってるの。
「は?!」と思ってもう一回見直したら、もうなにもいない。石ブロックも簡単に持ち上げられるのよ。
そんとき我に返ってね。
思い返すと、例のあの子だったような気がするんだよね。ブロックの上に乗ってたの。
「そんなことしても意味ないよ」って言われてるような気がして、小学生のときのこと思い出しちゃって・・・
おかげで、大事にならなかったよ。
あのままブロックで友達殴ってたらと思うと、背筋寒くなる。
やっぱり、とめてくれたんだろうなぁと思ってます。

次の記事:『葬儀送迎』
前の記事:『着物を着た女の子』
[ 2011/11/02 ] 心霊ちょっといい話 | この記事をツイートする | B!


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。