怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-4794.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『お手伝いさん』
前の記事:『人形者が洪水に遭った』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『毛筆を作るサービス』


人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)<十二巻目

194 :1/4:2008/05/09(金) 04:45:06
以前、文具屋に勤めてた事があるんだ。
で、ある日、レジ横に結構大きめな人形の生首がゴロンって転がってたんだ。
いぎゃー!ってなもんで、もうびっくりしたのなんの。(当時はまだ人形者じゃなかった)
顔は良く覚えてないんだけど、イチマさん系?の、とにかく黒髪おかっぱ系。
どうやら、前日来店したお客さんのものらしい。
ほら、書道用具扱うお店にあるでしょう、赤ちゃんやペットの毛で毛筆を作るサービス。
それに、お人形を持ってきた人がいたんだな。
このお人形の毛で筆を作ってって人が。
「お人形はできるか分かりません」って伝えたら、
「この子はただのお人形じゃないの!ちゃんと食事も取るし、髪だって伸びるんだから!」と仰る。
実際お人形の髪で受注出来るか分からなかっただけで、(そんな注文受けた事ないからね)
お人形pgrしたつもりではなかったんだけど、お客さんキレるキレる。
丁寧に謝って、「とにかくメーカー(筆の)に問い合わせてみますから」と言って、その日は帰ってもらったんだ。


195 :2/4:2008/05/09(金) 04:46:23
で、その日のうちにメーカーさんに電話した。
毛筆というのは、毛の1本1本の先がシュっとしてないといけない。
つまり、ハサミを入れていない赤ちゃんの産毛(が伸びたヤツ)とかじゃないと、奇麗な毛筆にならない。
人形の毛でも受注は一応受けるが、仕上がりは、良くても刷毛レベルにしかならない。
(さらに言えば、それが筆に加工する行程に耐える材質かどうか、という問題もある)
そんな話でした。

その通りにお客さんに電話で伝えた。
お客さん曰く、『この子にはいつも手入れをしているから、髪にハサミ入れてある』と。
「そうですかー、残念ですねえ」と、お客さんも納得してくれたんだ。
なのに。
なんでレジ横にあるんだ、生首が。


210 :3/4:2008/05/09(金) 13:29:37
店頭で受注した場合、預かった物はチャック付き袋に入れて伝票を貼るんだ。
たとえ後になってお客さんが注文していったとしても、生首で転がっているはずはないんだ。

お客さんに電話したら、取りに来た。
「昨日の忘れ物ですよね」って一応聞いてみたんだ。
愛おしそうに鞄にしまって帰るの見届けたから、そんなはずないんだけど。
お客さんも首を傾げてた。
昨日の電話の「そうですかー、残念ですねえ」の時に、そのお人形の頭を撫でていたそうだ。
じゃあなんでここにあんのよ?
テレポート?ねえ?

そもそも人形の毛で筆を作りたかったのは、
筆にして持ち歩けば、いつでもどこでもそのお人形と通じ合っていられるから、だそうで。
そのお人形も、筆になってでも持ち主さんと一緒に居たかったのかな?
と思って、少しだけ『キモがってごめん!』と思った。

が、その後が強烈だった。


211 :4/4:2008/05/09(金) 13:30:21
「この子がそこまで私と一緒にいたいのなら、やはり筆を注文します」とお客さま。
「ハサミを入れてない毛ならいいのよね」と。

更に次の日。
差し出してきたのは、あきらかに、あきらかに人毛、しかも、
 ち ぢ れ て る!!!!!!!
ちょ、“しものおけけ”ですかー!
誰のだよwww
あれ?でもさ、ってことはさ、
そのお人形に植えてある髪の毛ってまさか…
触っちゃったよ!!!
これってやっぱお客さん本人の…だったのかなあ。
同僚に「死人の毛じゃなくてよかったじゃん」って言われたけど、そんな問題じゃねええー。
しばらく立ち直れなかった。

次の記事:『お手伝いさん』
前の記事:『人形者が洪水に遭った』


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。