怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-4872.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『中古の人形』
前の記事:『若くして亡くなった夫』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『新聞配達』


人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)<十三巻目

155 :もしもし、わたし名無しよ:2008/08/31(日) 19:35:12
いいともの怖い話で人形が出てきてたね。


157 :もしもし、わたし名無しよ:2008/09/02(火) 09:53:32
155ではないが、増刊号で見た自分が憶えている限り書いてみる。
話をしていた芸人は知らない人だったので、以下Aとします。

Aの友人が新聞配達のバイトをしていた。
配達先のひとつに、袋小路の入口の家と一番奥の家に配達する、という場所があり、
友人はいつも入口の家に配達した後に奥の家に配達して、戻る時にまた入口の家の前を通っていた。その間10分程度。
いつも戻りに入口の家の前を通ると新聞がもうなくなっているので、
来るのを待ってすぐに取っているのだと友人は思っていた。

その家に友人がはじめて集金に行ったところ、家の主であるおばあさんが友人に、
「いつも枕元まで届けてくれてありがとうね」とお礼を言った。
友人は「自分は新聞受けに入れているだけだ」と否定したが、
おばあさんは「いつも枕元にきている」と言って譲らない。


158 :157:2008/09/02(火) 10:03:18
その話を友人から聞いたAは、友人の配達についてゆき、様子を観察した。
当該家屋の玄関はガラスの引き戸で、中央に郵便受けの口のついた桟があり、
その上下に曇りガラスの帯、戸の1番上と下の部分は透明ガラスだった。 (目←こんな感じで中央だけ曇りガラスか?)
友人が新聞を新聞受けに差込み、立ち去ったふりをしてちょっと戻って隠れて見ていると、
暫くして新聞受けからスルスルと新聞が中に引き込まれてゆく。
気付くと、戸の向うにいるはずの新聞を取っている最中の人の姿が、全くガラスの向こうに見えない。

二人は、翌日も一緒に配達に行った。
そして、前回同様新聞が中に引き込まれだしたところで、それを外側から引っ張り返した。


161 :157:2008/09/02(火) 13:11:17
新聞は強い力で引き込まれる。Aと友人はそれを負けずに引っ張り返す。
しばしそれが続いた後で、突然ガラス戸の内側にバシッと音がして、フランス人形がぶち当たった。
(ここでヒェ~~~とスタジオで悲鳴w)
友人の話では、集金に行った時、家中に大量のフランス人形があったそうな。

その後、また配達の時に観察したが、二度と新聞が同様に取り込まれることはなかった。


という話だったと思います。細部の記憶違いがあったらスマン。
Aさんの言っていた『フランス人形』というのが、どういう人形なのか定かではありませんが、
ビスク系のアンティークドールか、昔の家によくあったポーズ人形系だろうと思います。
スタジオでは、「人形が新聞読みたかったんじゃな~い?」とか女性タレントが言ってましたが、
どうしてそこで、
『可愛がってくれる大好きなおばあさんのために人形が新聞を運んでいたんだね』とか思わないのかね、
とテレビの前で内心突っ込みました。

次の記事:『中古の人形』
前の記事:『若くして亡くなった夫』


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。