怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-4942.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『神様が宿る人形』
前の記事:『高校時代に書いた詩』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『犬鳴峠チェーン規制』


不可解な体験、謎な話~enigma~ Part78

924 :本当にあった怖い名無し:2012/02/18(土) 23:26:57.49 ID:1DRXsWXm0
今日の20:30頃、福岡の中間市で映画を観た帰りに、車で犬鳴峠を通った時のこと。
結構雪が降ってて、路肩の看板にも『犬鳴峠チェーン規制』の文字が出てた。
ただ、そのとき雪は降り始めたばかりで、
まだ大して積もってないだろうから大丈夫だろうと思って、そのまま通行しようとしたら、
黄色いヘルメットに青い合羽、赤い誘導灯を持ったオジサンに路肩の安全地帯に誘導され、
「ここからはチェーン付けて走って。危ないから」と言われ、
面倒くせえな~と思いながら、雪の降る中チェーンを付けることに。

付け終わって「ふぅ~」と一息ついたところで、オジサンがいなくなってることに気付いた。
どこか別の場所でチェーンつけるように指導とかやってるのかなーと思いつつ、
うっすらと雪が積もり始めた道路を見てふと気がついた。
オジサンの足跡が何処にも無い。
あるのは自分の足跡と車のタイヤの跡だけ。
雪が積もってない車道の真ん中を歩いて何処かに移動したのかと思ったが、
俺を誘導する時にオジサンが立ってた辺りにすら足跡が1つも無かった・・・
それに気付いた瞬間、寒さとは違うゾクゾクッとしたものを感じて、大急ぎで車に乗り込んで車を走らせた。
まあ、それ以降は何事もなく無事に帰宅できたが。

ちなみにチェーンつけて走ってたのは俺だけで、ちょっと恥ずかしかったw

関連話:『犬鳴峠』

次の記事:『神様が宿る人形』
前の記事:『高校時代に書いた詩』
[ 2012/02/26 ] 不可解な体験・謎な話 | この記事をツイートする | B!


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。