怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-4959.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『洞窟を見つけた』
前の記事:『山ですれ違う人』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『新田次郎氏の山の紀行文』


【恐怖】山にまつわる怖い話  巻の六【戦慄】

58 :底名無し沼さん:2006/10/14(土) 20:10:05
新田次郎氏の山の紀行文を読んでいたら、いきなり幽霊話が出てきてビックリ。

いわく、
『・・・その小屋は、入り口も窓も板で打ち付けられた無人小屋であった。
 しかし連れはその小屋の中から歌声が聞こえると言う。
 もう一人の連れが窓ガラスの隙間から覗くと、中に女が一人立っていると言った。
 我々はそれ以上確かめる気にならず、迂回して通り過ぎた。』

コワイのは、この部分がサラッと流されてて、まるで“よくある事”といった雰囲気で書かれてること。
やはり山は出るのかしらん・・・

次の記事:『洞窟を見つけた』
前の記事:『山ですれ違う人』


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。