怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-4988.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『話声』
前の記事:『米屋の店先』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『2人の子供』


【オカルト】 - 実話恐怖体験談 その22(拾六段目)

127 :本当にあった怖い名無し:2011/10/01(土) 14:26:50.33 ID:23ki6o1I0
親戚ん家の近くに公園みたいなとこがあって、そこには砂場と何かの像とお堂のようなものがあるんだ。
小さい頃、親と一緒に親戚の家に訪ねて行った時、よくそこで時間潰してた。

ある日行ったら、2人の子供が遊んでたんだよね。滅多に人いないのに。
1人は俺より少し年上、もう1人は年下くらいで、年下の子は像の下で虫を大量に潰してた…正直引いた。
なんか色々喋って、結局その2人と遊ぶ事になったんだけど、
その時教えられたのが、『お堂で3回通れば願いが叶う』というもの。
お堂の奥の両端にある物置のようなところ(以降物置と書く)に入り、そこから屋根裏に上がり、
屋根裏を通って反対側の物置から飛び降りる、というのを3回行う。
正面からお堂を見て、右から左へと回るようにするらしい。逆は駄目。理由は覚えてない。

当時罰が当たりそうで怖かったが、既にいくつも願いを叶えてもらったという2人の言葉に誘惑され、
とりあえずやってみることにした。
物置にはその時何も置かれてなく、物置内の天井には天井裏へと行けるように開閉できる板があり、
2人はそこを開けてよじ登った。
俺も2人の後に続いたのだが、今思うとよく上れたと思う。結構高さあった筈なのに。
で、2人は既に反対側の物置の上に待機しており、ここから飛び降りるんだよと板を外し、
2人は怖がりもせずトン、トンと飛び降りた。
俺は屋根裏の暗さと飛び降り口の狭さ、床までの高さにビビり、もたもたしながら下りた。
これで1回目。
ようやく下りた俺の腕をつかみ、1回目に上った物置へ行き、2人は再び屋根裏へと行く。
もたもたしながらその後に続き、2人が先にトン、トンと下り、俺ももたもたとトンと下りる。
これで2回目。


128 :本当にあった怖い名無し:2011/10/01(土) 14:30:38.10 ID:23ki6o1I0
次で3回目となった時、2人は俺を待たずにさっさと屋根裏へと上っていった。
俺も急いで屋根裏へと上ろうとしたが、俺が上り切る前に2人はさっさと反対側に行き、
スッ、スッと音も無く下りてしまった。
ちょっとは待ってくれてもいいじゃないかと思いつつ、俺も反対側に行き下りようとする。
が、その時だけは何故かどうしても下りるのが怖くなった。
元々その狭い飛び降り口も頭ぶつけそうで怖かったし、床も遠いから怪我しそうで怖かったのだが、
それでもその時だけは1回目2回目と違い、どうしても下りたくない、下りてはいけないと思った。
だから踵を返し、屋根裏へと入ってきた穴から下りる事にしたんだ。
同じ大きさの出入り口、同じ遠さの床の筈なのにな。

で、なんとか下りてお堂に戻ると、2人の姿がない。
お堂に入る時に脱ぎ捨てた靴も無く、お堂の中も外も探したのだが何処にもいない。
屋根裏に入って下りるまでの短い時間の間に、
声も出さず、音も無く駆け、靴を履き、帰ったのか、隠れてるのかなと思った。
お堂に続く地面には子供の足跡が3人分はあるけれど、お堂から出た時の足跡は俺の1人分しかなくて、
その時は「すげー、どうやったんだろ」とか思ってた。
暫く砂場で待機してたのだが、飽きたのでそのまま帰った。

最近思い出したのは、その親戚で産まれた子(今小学生)が「こういうことあった」と話してくれたからだ。
その子は、相手が無理矢理腕引っ張ってくるから、気持ち悪い上にムカついてやらなかったらしいが、
内容的に俺の体験したことと似ていて、それでふと思い出したんだ。
今思うとこれ、神隠し現場に遭遇したのか、それとも座敷童子と遊んだのか、
狐か何かに化かされたのか、幻覚をみたのかなと思う。

次の記事:『話声』
前の記事:『米屋の店先』
[ 2012/03/09 ] 実話恐怖体験談 | この記事をツイートする | B!


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。