怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-5008.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『雪山とビデオテープ』
前の記事:『世話になった人への手紙』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『お母さんが戻ってきた』


◇ 心霊ちょっといい話VER.14 ◇

852 :本当にあった怖い名無し:2009/08/19(水) 02:48:57 ID:XuFHpr2CO
私の母が亡くなってから、いろいろあります。
最初は、母の葬儀が終わって夕方家に戻ったとき。
玄関の黒いドアの真ん中に、真っ白な蝶々がぴったりとまっていました。
直感的に『お母さん、戻ってきたんだ』と思いましたので、「家に入りたい?」と聞いたら、
玄関の灯りが一瞬『いいよ』と返事するようにフワッと明るくなりました。
蝶々の羽の模様が、母の顔に掛けたハンカチの刺繍の柄にそっくりで、しばらくその蝶々を眺めていました。
次の朝になってもその蝶々は同じ場所にいて、
私の知り合いや友人たちもみんな、「お母さんだ」「○○さんに間違いないよ」と、蝶々を囲んで話していました。

それから初七日を迎える前の晩まで、蝶々はそこにぴったりとまったままで、
時おり私が出かけようとすると、フワフワと庭の仕切りまで見送ってくれて、
帰ると、また元の場所にいるんです。

初七日の前の晩。
「明日の朝は初七日だから、もう行かなくちゃいけないんじゃない?」と話をして、お水をお供えしました。
初七日の朝、ドアを開けてみると、蝶々はいませんでした。


853 :本当にあった怖い名無し:2009/08/19(水) 03:08:11 ID:XuFHpr2CO
初七日を終える夜、私はそれまでの疲れや心労でどっと寝込み、40度近い熱が出ました。
ウンウン唸りながら、夜中の2時過ぎくらいに右腕がすっと真っ直ぐにひとりでに持ち上がり、
手の平にじんわりと温かい感触が伝わりました。母の手に握られている感触です。
ふーっと気持ちがラクになって、それからしばらく心地良くそのままの姿勢でいました。

気がつくと朝の5時。
3時間も腕を上げっぱなしだったはずなのに、体がとてもラクになっていて、熱もすっかり引いていました。
見ていてくれてるんだな、護られてるんだなと、温かい気持ちになりました。


854 :本当にあった怖い名無し:2009/08/19(水) 03:28:57 ID:XuFHpr2CO
それから2~3日たった晩、また夜中に腕がすーっと上がり、
今後は指先で、ひらがなでメッセージを送ってくれました。
『かわいい かわいい○○ いつもそばにいるからね
 ○○にはなにもしてあげられなくてごめんね
 でもこれからはいつも まもっているからね』
『それから おねがいがあるの
 いちばんおくのおしいれの いしょうけーすのしたしきのしたに おかあさんの ひみつのたからものがあるの
 それをみつけて もやしてほしいの』
母に言われた通りに、押し入れの一番奥の衣装ケースの下敷きをめくってみると、ありました。
母が若い頃、父から貰ったラブレターでした。

母に言われた通り、次の日に庭で燃やしました。
天国に届いていると思います。

次の記事:『雪山とビデオテープ』
前の記事:『世話になった人への手紙』
[ 2012/03/12 ] 心霊ちょっといい話 | この記事をツイートする | B!


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。