怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-5028.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『G県厨』3/12
前の記事:『G県厨』1/12
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『G県厨』2/12

「『G県厨』1/12」の続き
原著作者「怖い話投稿:ホラーテラー」「匿名さん」 2011/08/21 18:12

-本家にてご報告-
126 :難民『転生68』 :02/03/03 03:22 ID:Z+OWDchi
上手く文章に出来なく、どこを書けば良いのか上手く絞れなくて、
長くなった上に、読み難いのですが、暫しお付き合い下さい。

襲撃予告をつき付けられ、興奮に包まれてなかなか寝つけなかった私は、
空が白くなり車の音がうるさくなってから、うとうとと眠りにつきました。
気持の良い睡魔に襲われかけた時、いきなり事は起こりました。
インターホンが鳴ったのです。私は思わず時計に目を走らせました
時計の針は11時をすこし過ぎたくらいでした。
「私、12時間以上も寝た?」
その疑問は外の明るさが否定してくれます。
そしてぼーっとしながら一生懸命自分の置かれた状態を思い出していると、再びインターホンが鳴らされ、
それに続いて「Aさーん!お手伝いに来ました!」という叫びがあがりました。

おお、厨来訪!

私は総てを理解すると、近くに置いておいた服に着替え、
用意していたウォークマンと携帯を手に、ゆっくりと扉に近付きました。
そして再びインターホン。
「Aさーん、厨です。」その声の後に、扉をガチャガチャと開けようとする音が響きます。
私は扉ごしに「どちらさまですか?」と問い掛けると、扉の外ではあまり聞きたくない悲鳴が聞こえます。
「本物のAさんだー!」「早く開けてくださーい」「嬉しい」などの言葉が飛びかいます。
扉に覗き窓が無いので、相手が何人居るか分らないのですが、応戦準備を始めます。
録音開始、電話スタンバイ。対応開始。
「お引き取りください。」
この一言が戦闘開始の合図となりました。


扉を挟んでの攻防開始。
「せっかくお手伝いに来てあげたんですよ、開けてくださーい」
「いやです。」
「友達もわざわざ来てくれたんですよー」
「来てくれなんて頼んでいません。迷惑です。帰ってください」
「どうしてそんな冷たい言い方するの?遠い所からわざわざきたのに!」
「来るなといったはずです。帰ってください。」
いきなり扉がガチャガチャ動かされます。(鍵、チェーンはついてます)
「絶対Aさんは私を勘違いしてます!ここを早く開けてくれれば今までのことはすべて水に流してあげます。
 だから早く開けなさいよ。」

思わずこの言葉に、近くにあったコンセントにコードさし入れて、
ノブにくっつけてやろうかと思いましたが、(家の扉は鉄扉です)思いとどまり、あくまでも大人として対応をしました。

「流さなくて結構です。これ以上騒ぐようでしたら、宣言どおり、警察に通報します」
その言葉に一瞬、厨達の言葉は途切れました。
扉ごしに僅かに言い争うようなやり取りが聞こえてきました。(よく聞き取れませんでした)
「どうしてそんな事言うの!せっかく私が遠い所からお土産まで持って来てあげたって言うのに、
 どうしてそんな酷い事言うのよ!開けて謝りなさいよ!」
インターホンを押しまくり、扉をガチャガチャする音が更に激しくなります。
「合同誌、せっかく一緒に出してあげるって言あげたのに、何よその態度は。
 その為に手伝ってあげるって言って上げてるんだから、早く開なさいよ。
 開けないと無理にでも開けるよ!」

10分ほど話した結果、私はこれ以上の話し合いは無理だと思い、携帯電話に手を掛けました。
そのまま電話番号を探していた時、男の人の声で扉を叩く音が・・・

「○○さん(私の本名)、××警察ですが・・・」

それは私が事前に話をしにいっていた、派出所(今は交番でしたっけ?)のお巡りさんでした。
私の申し出を気に掛けてくれていた様で、パトロールの途中に立ち寄ってくれたのでした。
そこで発見したのが、4人の襲撃に遭う我が家の扉。

私は一応、警戒しつつ扉に近付くと、お巡りさんに答えました。
「そうです。」
「今、あなたの友達と言う人たちが、部屋の前に来ていますが、確認してもらえますか?」
「名前はなんと名乗っていますか?扉は恐くて開けられないので、名前を聞いてください」
お巡りさんは少し時間を置くと、4人分の名前を告げました。
もちろん一切記憶に無い名前です。
「いいえ、違います。一切知らない人です。その人たちが、先日お伝えした人です。」
その途端、外でいくつかの金切り声が響きます。
「酷い―!どうしてそう言う嘘つくんですか!遊びに行くって言ったじゃないですか!
 おいでって言ってくれたじゃないですか!」
しかし、その金切り声に混じり、こんな声も聞こえてきました。
「厨ちゃん、Aさんは私にもおいでって言ってくれたって言ったよね」
いまいち聞き取れないのですが、こんな内容でした。
私は部屋に用意していた、メールをプリントアウトしたものを入れたファイルを取りに行くと、
扉の外にいるお巡りさんに厨さん御一行が扉の近くに居ない事を確認し、
チェーンをつけたまま扉を開けて、そのファイルを渡してすぐに扉を閉めました。
「それがそこで騒いでいる人が送ってきたメールと、私の返答メールです。」
お巡りさんが、「確認してもよろしいですか?」とのお伺いを立てたので、
私は「どうぞ」と答えました。後ろでG県厨と思われる人が、
「メールを読めば、どちらが嘘を付いているかすぐに分りますよね!
 ほら、早くAさん、開けてください!今なら許しますから!」

そして少し時間を置いた後、お巡りさんが問い掛けてきました。
「これは、本物ですか?」
「パソコンに総て残っています。調べていただいて構いません。」
私の言葉を聞いたお巡りさんは、すぐに応援の人を呼んだ模様。
その間、厨さん御一行は、訳の分らない事を叫んでいます。
「とりあえず、このままではどうしようもないので、お話を聞かせてもらえますか?」
「分りました。ですが、ここでは近所の方に迷惑が掛かるので、そちらの派出所に場所を移してもいいでしょうか?」
「その方がよさそうですね。それではこちらまで来てもらえますか?」
「分りました。そこにいる人たちが派出所に付いたら、連絡貰えますか?」

お巡りさんはいまだに自分の正当性を叫んでいる厨を連れて、去っていきました。
(本当はこの辺、すごい叫び、争う声、いろんな音などが響き渡りましたが、
 暫くして応援に駆けつけたお巡りさんも加わり、だんだん声は小さくなりました。)
私は声が遠ざかると、急いで化粧をして用意を整えました。
念の為に、もう一度メールを出力、私の住所が奥付に載っている同人誌など、
提出(したくはないが)出来るように準備をしました。
そして暫くしてお呼びが掛かり、派出所まで出向です。

お巡りさんが彼女達の持っていた荷物の中から、学生証を発見。
身元は既に調べ済み。お巡りさんがメールを読み、厨さんにメールが本物である事を確認。
そして、派出所の奥の部屋で、お巡りさん二人を挟んで話し合い。

「君達、Aさんはきちんと断っているじゃないか。君を知らないとも言ってるし。」
「良く読んでください!だって、ここで・・・・・」
といいながら、G県厨さんは一生懸命、自分が捻じ曲げて受け止めた内容をお巡りさんに説明してます。
聞いてるこっちが痛かった・・・


結局、話し合いの結果、G県厨さんと3人の友達のうち、
二人は真性厨(内一名はG県厨)、一人は仮性厨、もう一人は被害者の模様。
真性厨二人は、メールの解釈の説明でお巡りさんを悩ませます。
仮性厨は、だんだん、自分が本当に置かれている立場を悟り始めました。
一番可哀想なのは被害者の子で、断ったのに無理矢理連れてこられた。
扉の前のやり取りを聞いて途中みんなを止めようとした。全員分の交通費を払わされていた。
等々、ちょっと可哀想に思ってしましたが、話し合いは進みました。
相手は18歳が一名、残り未成年でした。

お巡りさんは、相手が未成年と言う事と、女の子であるということ。
そして就職が決まっている、次の学校が決まっている、まだ学校が残っているなどの理由から、
出来れば保護という形にしてあげて欲しいとの申し出が。
私は少し考え、仮性厨と被害者だけは『念書』を書くという条件で、許す事を決めました。
残り二人も、どうか情状酌量で…と言ってきます。
お巡りさんの中で、一番年配の方が一生懸命私に懇願してきます(何故?)
ですが、その願い出ていたお巡りさんと私の耳に飛び込んできた言葉、それは厨二人の切れた叫びでした。
「どうしてこれほど言っても分らないの!悪いのは、私達の好意を踏み躙るAさんでしょう!私達は何も悪くない!」
年配のお巡りさんは、気まずそうな顔をしながら、厨二人の相手をしているお巡りさんと交代しました。

その間、私は仮性厨と被害者に、正式な念書を書いてもらうと言う事を条件に
今回のことは許すという事を伝えていました。
「今回は許しますが、二人の両親には、連絡させてもらいます。」
二人は困惑した顔をしましたが、お巡りさんの
「君達はやってはいけない事をしたんだよ。これくらいで許してもらえる彼女にお礼を言わないと」
と諭してくれて、二人は涙を流しながら納得してくれました。(正確には被害者の子だけ)
そして二人の保護者に電話をすると、二人の保護者から謝罪の言葉を頂きました。
二人の保護者はすぐに来てくれるとの旨を、お巡りさんから聞きました。
そしてなんとか話が纏りかけた時、今まで優しかった年配のお巡りさんのきつい声。
「今から君達のご両親に連絡する、学校側にもこの事を伝えるけど、良いんだな。」
その今までとは違う様子に、私と若いお巡りさん、仮性厨と被害者はそちらを見ると、
まるで喧嘩ごしの真性厨2名と、怒った表情の先程まで優しかったお巡りさん。
「悪いのは私達じゃない!お巡りさんもどうして分らないの!呼びたければ呼んでみなよ」
的な売り言葉。私はあーあー…と思っていると、仮性厨、被害者が、泣きながら謝りました。
学校に知らせると言う言葉が響いた様です。謝りながら泣出した二人を見て若いお巡りさんは慌ててしまっています。
私は仕方無しに、
「あなた達二人は、今は訴えないから。
 でも、反省の色が見られない時にはあの二人と同じことになるから、そのつもりでいてください」と告げました。


結局、仮性厨と被害者は、親が迎えに来て帰宅が許されました。
二人の親は何度も何度も謝って、子供を連れて帰っていきました。
余談ですが、夜にお詫びとお礼の電話が入りました。
そして真性厨2名は手におえないと言う事で、総てをお巡りさんにまかせる事にしました。
お巡りさんの報告によると、G県厨はどうやら親も厨らしく、私に会わせろと、物凄い剣幕で騒ぎたてたようです。

私は一通りの事情を説明して、今後の見通しを聞いてから帰宅を許されました。
まだ総ては終わっていないのですが、とりあえずの落ちつきは取り戻しました。
帰宅を許された私は、帰り掛けにいくつかお菓子を購入し、迷惑を掛けた御近所さんに配りに行きました。
みなさん優しい言葉を下さいました。近所迷惑にならなかった事が救いです。

そして今回の件で勉強した事
・厨には早め早めの対応が必要
・厨は日本語が通じない(全員とはいいませんが)
・厨には、きっぱりはっきりと
・厨襲撃は夜だけではない
最後にお巡りさんに言われた言葉
・また、同じようなことがあったら、すぐに来てください。
 気軽に電話してください。
お巡りさんに言われてちょっとモニョッた事
・もう少し、優しくメールを書いてあげてね
 (しかし、この言葉は真性厨と話しているうちに、消え去った様です)
今回の件の総評
・怪我人が無くて良かった。
・破壊されたものが無くて助かった。
・もしかして、私の運が良かっただけ?


長々と詰まらない報告をしてしまって申し訳ありませんでした。
私の今回の経験がみなさんのお役に立つことを祈っています。
いや、お役に立てるような事が起こらない事を祈る方が良いのかな?


143 :難民『転生68』 :02/03/03 03:51 ID:Z+OWDchi
今回、助かったのは、お巡りさんがパトロールに来てくれていた事と、
お巡りさんがデンプァな人でなかった事、
厨の解釈を正しいと認めなかった事です。(認められたら恐い)

今日の事で私の脳の『厨』の項目を更新できました。
ちょっと心に引っ掛かるものもありますが、
明日は連絡をしていた友人(もしもの時に来てくれる約束の人)にお礼周りをしてくる予定です。


147 :難民『転生68』 :02/03/03 04:07 ID:Z+OWDchi
細かな部分は難民にアップしました。

最初の報告を難民でしてしまったので、本家、難民を跨ぐ
ややこしい事になってしまって申し訳ありませんでした。
今後は大人しく名無しに戻ります。
出来れば親厨関連で再び「難民『転生68』」を名乗らなくてすむ事を今から願っています


-ヲチスレにて-
69 :転生68 :02/03/03 03:33
本家の方に、事後報告させていただきました。
みなさん、本当に今までありがとうございました。

ちょっと対応、甘かったですかね?
そしてG県厨の親の忍び寄る恐怖が、今後の楽しみです(嘘です)


83 :転生68 :02/03/03 03:45
 >76 :名無し草 :02/03/03 03:38
 >お疲れ様でございました。
 >ちょっと質問させて頂いてよろしいですか?>転生68さん

 >4人の年齢が噛み合わないので、教えて頂けないでしょうか。
 >とりあえず、前の話と総合して、首謀者のG県厨がリア厨だとは
 >判ったんですが、他がどうにも。
一番マトモそうな子が18かな、とも思うんですが。
たしか、もう一人の真性厨が18だったとおもいます。
学校の部活の知り合いだったようです。(何の部活かは・・)

正確にここで晒した方が良いですか?


107 :転生68 :02/03/03 04:01
厨理論、聞けば聞くほど脳味噌が蕩けて耳から出てきそうです(藁
たとえば「合同誌を作る予定をいれるつもりも無い」という部分は
「私が大変だと思って遠慮してるんです。本当は作りたいって言ってるんですよ。女の子にはよくある事です」
的なことに化学変化させます。
拒絶の言葉を「照れてる」などという言葉に変換する錬金術も多用してました。


120 :転生68 :02/03/03 04:13
本家に書き忘れましたが、学校側に仮性厨、被害者のことを警察から通報するのは止めてもらいました。
どうせ真性厨から伝わるとは思いますが。

それと、心温まる(…のか?)オマケを一つ。
厨御一行が連行された後、お隣在住のお兄さん(血は繋がってないです)が
「話聞いてたけど、こういう事だったんだ。
 これから警察でしょう?よかったらこれ食べていきなね」
と言って、おにぎりをさし入れしてくれました。

ちょっと心と体が温まりました・・・


248 :転生68 :02/03/04 00:04
すみません、まだ名無しに戻れない様です。
今日、再び襲撃受けたのですが、事後報告はしたほうが良いですか?
するなら本家とこちらと、どちらが良いでしょうか・・


257 :転生68 :02/03/04 00:19
それでは纏り次第、本家にアップさせて頂きます。

私は無事です。被害は可哀想な家の玄関扉。
器物破損だ。クックック(厭藁


-本家にて再び-
190 :難民『転生68』 :02/03/04 00:52 ID:0mD3WRiM
それでは二日連続で申し訳ないですが、結果報告をさせてください。
文章が下手糞、読み難いなどは、どうかお許し下さい。

貴重品関係を会社の金庫にしまっていた私は、家中の小銭をかき集め、
迷惑をかけた友人一同へのお礼の品を購入しながらお礼に参じようと、準備を進めていました。
時計の針は午前11時をもうすぐ指そうとしているあたりでした。
いきなりインターホンがなりました。しかし来客予定はなく、新聞の更新もしたばかり。
セールスかと思い警戒をしながら、扉の外へ問い掛けました。
「どちら様でしょうか?」
「お前が○○か!」
見ず知らずの男の声です。荒い声です。いやな予感がしてきます。
私は慌てて友人に返そうと思って用意していたウォークマンと携帯をいれた鞄を取ってくると、
必死にその二つを取り出しました。
ウォークマンには、友人に聞かせる為、昨日のテープが入ったままでした。
私は慌てて早送りをすると、多分昨日の録音が入っていないであろうあたりからボタンを押しました。

パワーアップした厨との対戦開始です。


「そうですが、どちら様でしょうか?」
「お前か!家の娘を騙したのは!」
おお、いきなり予感的中!私は「親の因果が子に報い…」などと思いながら、心を決めました。
「ご自分のお名前を名乗らずに、いきなり怒鳴りだす失礼な方とお話する事は何一つありません。
 御引き取りください。」
「どうして俺がお前のような奴に名乗らなくちゃならないんだ!
 お前の方が失礼だろうが!早くここを開けて出て来い!」
どうして厨が製造されるのか、なんとなくその秘密解明に一歩近付いたような気がしました。
「怒鳴ると御近所迷惑です。御引き取りください。
 見ず知らずの方の呼び掛けに答えるほど、暇人ではありません」
その途端、昨日のドアノブよりも激しくガチャガチャと音をあげ出す扉。
叩くような音。やはり厨の行動パターンは同じなのかと、溜息一つ。
「小娘!いい加減にしろ!出てきて謝れ。謝罪しろ。家の娘を騙しやがって!」
・・・自分で名乗ってる事に気が付かないから厨親なんだろうな・・それに私は残念ながら大娘なんだ・・・
と思いつつ、何気にコンセントに手が伸びそうな自分に必死に歯止めをかけると、替わりに携帯を取りました。
「今すぐ出てきて謝れ、そして総てを取り消せば、お前のしたことは総て水に流してやる!」
G県では厨養成ギブスとか、あなたもこれでデンプァになれるマニュアルビデオとか
販売しているのではないかと疑いたくなるような位、同じ行動の親厨。
(G県の方、変な言いがかりをしてしまいスミマセン)
痛む頭を押さえつつ、昨日のお巡りさんの言葉を信じつつ携帯作動。


「はい、□□交番です。」
「すみません、私、××コーポの・・・」
「もしかして○○さんですか?」
どうやら派出所勤務の方には、話が伝わっていた様です。
「そうです」
「どうしました?」
「又、押し掛けられてます。多分昨日の方の父親に・・・」
「…………………………………………え?」
携帯から怒鳴る親厨の声が聞こえるらしく、お巡りさんはとっさに状態を把握してくれました。
「すぐ行きます、相手は何人かわかりますか?」
「見ていないので分りませんが、怒鳴って暴れているのは一人、大人の男性の様です」

その数分後、多分二人と思われるお巡りさんが到着。
怒鳴りが悲鳴に近い金切り声に変化しました。
「お前等がこんな奴の口車に乗るから、娘がかわいそうな目に会ったんだ
 騙してるのはこいつだ!俺が娘を守ってやるんだ!」
などと、娘を思う父の言葉が飛出してます。スミマセン、笑いました(反省)
そして扉越しにお巡りさんと会話。
「昨日の人たちの誰か親御さんみたいだね。どうする?」
「・・・昨日と同じで良いですか?」
「それでは電話します。」
遠ざかっていく声。対応の早さにちょっと驚く私、
それよりも先にこんな会話が成立する警察と私の関係の方が泣きたくなります。
そして電話を待ちながら、今日伺う予定だった友人に説明の電話をかけました。

そして電話がを頂いて昨日と同じ道のりを進みました。
本日、相手は一人でしたが、大人の男性と言う事で、付き添いは同じく2名。
私は事情聴衆をされているあいだ、怒鳴る親厨を宥めるお巡りさん。昨日に引き続きスミマセン。


「こいつが家の娘をたぶらかしたに決まってる!手紙だって、こいつが後から嘘書いたに決まってる!
 家の娘の方が被害者だ!こいつを逮捕するのが当たり前だ!」
おじさん、ごめん、私、メールは送ったけど手紙は送ってないんだ・・
などと細かいところに心の中で突っ込みをいれないと、
きれそうになる自分が押さえられませんでした。
大切な休日、しかも久し振りの連休をこんな厨親子に潰された私はどうすれば・・・
親厨は実の娘の胸の痛みは分っても、娘の傷付けた相手の痛みは分らないというように(当たり前)
私を罵る様に言葉をぶつけ主張します。耳も脳も胸も・・そして懐も痛いよ。
そしてこの親厨と私を一緒にしておくのが間違いだと気が付いたお巡りさんは、私に帰っても良いと言ってくれました。
連絡を取れるようにしておいてくれれば、出かけてもOKとのこと。
私は携帯番号を教えて、当初の予定通りに動く事を決めました。
何時でも派出所に戻れる様にしておきながら。

お巡りさんからは、扉の被害の証拠として、写真を撮りたいという連絡、
相手の名前、住所、電話番号などの、必要と思われるメモを渡したいから、
帰りにでも寄ってくださいという二つの連絡を頂きました。


私の方の被害は、扉が蹴飛ばされてボコったこと位ですみました。(使えますが、交換してもらいます)
不幸中の幸いというか、なんと言うか。勿論、示談に等せずに、罰を与えてもらう予定です。

二日連続で、こんな事になるとは思っていなかっただけに、
ちょっと自分が荒んでいることに気が付き、もっと大人にならないと・・と思いつつ、
明日、これで母親が押し掛けてきたら、既にギャグの域に突入だ!などと思っています。

明日会社の金庫から貴重品を出してもらったら、またお菓子を買って、御近所さんに配る予定です。
心も耳も脳も痛いけど、懐が痛いよ(苦藁 
でも、友達が気を使ってくれて、お古の録音機能付きウォークマンを下さいました。

皆様、厨ボスを撃退しても、最後にラスボスならぬ、厨親が潜んでいる場合があります。
くれぐれもお気をつけ下さい。なお、今回のラスボスは18歳真性厨のデンプァ父でした。



最後となりましたが、今回、かなりへんな文章です。
まだ落ちつきを取り戻せていない様です。
本当にすみませんでした。なんとか解読していただけると幸いです。

これからまだ、色々と警察に行かなくてはならない事があるそうです。
頭が痛くなってきますが、頑張って勝利をこの手に収めます。
(勝利って何?)皆様、二日間に渡る駄文アップ
本当にすみませんでした。こんなのでも、次の方への役に立てば幸いです。


325 :転生68 :02/03/04 01:23
追加報告。

坦々としているように見えますが、実はお隣のお兄さんが厨襲撃中、気を使ってくれていたのでした(藁
親厨の叫びに混じって、壁を叩く音が微かに。私ははっと思い窓から顔を出すと、
しばらくしてお隣のお兄さんが顔を出しました。
「大丈夫?昨日の今日で大変だね。」
「すみません、御迷惑お掛けしてしまって・・・」
「今日はおじさんみたいだけど、俺がガツンと言ってやろうか?」
「大丈夫です。警察にも連絡しました、もうすぐ来てくれると思います。
 それよりも危ないから、鍵を閉めて、絶対外に出ないで下さいね」

などという、1分弱のやり取りが、すごく心を落ち着けてくれました。
ありがとう、お隣のお兄さん。すごく感謝しています。


363 :転生68 :02/03/04 02:33
思わず涎たらしながら寝てました(情けない)
親厨の叫んでいった言葉。全体的に痛かったですが、特に印象に残っているのはこんな感じです。

「家の娘が折角お前如きを手伝いに行ってやったって言うのに、そのし返しはなんだ!」
「お前は家の娘を馬鹿にしているのか!
 人の娘をコケに出来るほどお前は頭が良いのか!えらいのか!いったい何様のつもりだ!」
「小娘の分際で男に、大人に逆らうんじゃない!」

私が
「私はあなたの娘さんに、来てくれといった覚えは無い。
 そちらが勝手に押し掛けてきただけだ」というと、
「減らず口を叩くな!家の娘がお前に劣るとでも言うのか!」
と逆切れする始末・・痛いです、親厨。
語呂は黄色い電気ネズミに似ているのに、こんなに生態が違うと真面目に撲滅運動に参加したくなります。
そうでした。どうやら、G県厨にメールアドレスを貸したのは真性厨だったらしく、父親はその辺でも激怒しておりました。

もういいけどね。(遠い視線


388 :転生68 :02/03/04 03:00
・・すみません、泣いていいですか?怒っていいですか?切れていいですか?

G県厨から懲りずにメールが届きました。
(発信は、土曜日の夜です。受信したのは先ほどです)
ここまで来ると相手が厨だからと言うより、嫌がらせされてるとしか思えない・・・
ええ、そりゃあ内容もすごいものでした。想像しやすいものです。
もう、何も言えない・・
誰かが言っていましたが、ネタだったらどれだけ救われるか(乾燥藁
撃退がスムーズだった分、メール攻撃に転じている様です。

話飛びますが>359さん、>364さんがコテハンについて書いてくださいました。
ただ、スレが替わったので、前のスレでの名前を名乗るのに、
その時タイムリーな話題だった「前世」を使い、
新しく立ったスレで、それに会わせて「転生」を使っただけです。
間違えても私は前世などを信じてないし、お告げも夢も見ません。
でも願うなら、前世で厨に関係していませんでしたように・・・


411 :転生68 :02/03/04 03:14
それではこちらで失礼致します。

-G県厨からのメール-
Aさんひどいです!ひどいです!どうして私がこんな目に会わないといけないの!
ものすごい裏切りです。いくら照れていたからってこんなことするなんて!
折角G県から出向いて行ってあげたのに、恩を仇で返すなんて酷い!
最低です!謝ってください!Aさんのせいで、私春コミ行けなくなりそうです!
参加費どうしてくれるんですか!折角受かったのに!
参加費返してください!オフペーパーで合同誌宣言までしたのに、
どうしてくれるの!私の信用が落ちたらどうするんですか!
警察に私達の間を裂かせただけでなく、親まで呼び出して。
最低です!
でも、私はとてもやさしいですから、Aさんが、きちんと謝ってくれれば許してさし上げます。今まで通りにしてあげます。
早く謝ってください。

心に過ぎる微かな不安・・・
このG県厨の親も、親厨か?

そして何時もの如く、多少手は加えて省略以下略


448 :転生68 :02/03/04 03:27
省略は、文章中の名前など特定できるの・顔文字・記号変更・
あまりに酷い言葉使い・ダブって要らない部分・長さ調節の為に多少の改行・
漢字への変換、あからさまの誤字の変更などを行っています。
出来るだけそのままの御風味をお届けできればよいのですが・・・

このG県厨は、私に何がしたいのでしょうか。
もう、お腹いっぱいです。一生分の遭遇するであろう厨の量は充分満たしてるとおもうのだが・・・甘いのかな・・・

「『G県厨』3/12」に続く

次の記事:『G県厨』3/12
前の記事:『G県厨』1/12
[ 2012/03/15 ] ホラーテラー | この記事をツイートする | B!


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。