怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-5195.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『怨念ー罰』
前の記事:『ハイテンションな息子』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『猫パンチ』


【全米が】なんか笑える霊体験6【テラワロス】

41 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 09:25:35 ID:XcQQVU3d0
猫が床から十数センチ離れた空間に、猫パンチをくらわせていた。
近づいてみても虫すらいない。それなのに必死に猫パンチ。
いい加減に止めないとアホになるんじゃないかと心配していたら、
通りすがりの弟が、鼻息を荒げている猫をその場から撤去した。

夕飯時に、昼間猫が空中を殴打していたという話をしたら、
「おっさんが生えてた」と弟がボソッと呟いた。
床からおっさんが顔半分だけ生えていて、猫はその控えめな頭髪に覆われた頭を叩いていた。
最初は迷惑そうだったおっさんの顔が徐々に泣きそうになってきて、かわいそうだったので猫を撤去したんだとの事。

今日も猫は、おっさんが生えているであろう空間を肉球で殴打している。


816 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 19:55:39 ID:kwlE8EW80
昨夜、うつぶせで寝ていたら金縛りにあった。声帯が思うように動かず声も出せない。
だんだん背中が痒くなってきて、掻きたいが金縛りで動けずどうにもならない。
いい加減イラついてきた頃に、野太いおっさんの声で「ええか、ここがええか」と囁かれながら背中を掻かれた。
ここがええのんか、などとテクニシャンな台詞を言うわりには痒い場所とは見当違いの所を掻かれ、
十分ほどで金縛りから解放されたがイライラだけが残った。
体が自由になり恍惚とした想いで痒い場所を掻きむしっていると、先程と同じおっさんの声が聞こえた。
「なんだよお、痒いところ言えばよかったじゃないかあ」と。
無念そうな声色だったが喋れなかったのでどうしようもなかった。

以前、控えめな頭髪に覆われた頭を猫にしばかれていたおっさんかと思ったが、
弟の話によると未だに床から生えており移動していない。
ここ何日かは、猫が機嫌の悪い時にサンドバック代わりにされているだけだそうなので違うと思われる。
むしゃくしゃしている猫は容赦なく爪を出して雛鳥のような頭を殴打するため、
おっさんの頭には血が滲んでいることもあるのだとか。


833 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 05:23:21 ID:gHOSGX+G0
>>816
猫とおっさんの話がこのスレで一番好きでした!もっとないですか?
猫がサウンドバックにしている映像とかみてみたい。
あと、どいう風に見えるか?弟さんに絵とか描いてもらえたら見てみたい!


836 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 13:09:47 ID:H12HwibY0
>>833
弟の話を元に描いてみた。
残念ながら猫は散歩中、おっさんは見えないので絵で勘弁。
スレチだったらすいません。
猫とおっさん


【全米が】なんか笑える霊体験8【テラワロス】

227:本当にあった怖い名無し:2009/01/01(木) 13:26:51 ID:lR3/o94o0
覚えてらっしゃるでしょうか。猫にハゲ頭をしばかれるおっさんの話を投下した者です。

「姉ちゃん、あのおっさんいねえよ。成仏したっぽい」
ここ暫く、おっさんの雛鳥のような頭を見なかったらしい。
自分には元から霊感というものはないので、彼が居ようが居まいが何の変化も感じないが、
そういう類のものが視える弟は、「観察日記つける前に消えやがって」とぼやいていた。
当の加害者である猫も、おっさんが居なくなって数日は、
いつものふてぶてしい顔にうっすらと哀愁の入り混じったような表情で、
「ぬあーおん、まおーん」と鳴きながら家のあちこちを探し回り、おっさんの捜索を諦めて不貞寝する、
という行動を日に何度も繰り返していた。

しかし、おっさんは再び現れた。
家の敷地内から200メートル程南にある祖父の畑で、
真昼の燦燦とした日差しを浴びながら、恍惚とした表情で土に埋まっていたらしい。
ここならばあの白黒模様のケダモノに見つかるまいとでも思ったのかもしれないが、田舎猫のテリトリーは広い。
その日の夕方には、飼い猫がよくつるんでいる野良の茶トラ猫と共に、おっさんを殴打している光景を弟が目撃した。
光合成でもしているのだろうか。陽光を浴びたからといって頭髪が育つ訳でもないだろうに。
移動もできるのなら、なぜ逃げずに二匹の猫にしばかれているのか。

次の記事:『怨念ー罰』
前の記事:『ハイテンションな息子』
[ 2012/04/19 ] なんか笑える霊体験 | この記事をツイートする | B!


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。