怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-5362.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『遊泳禁止区域だった海水浴場』
前の記事:『古い家の解体工事』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『殺人事件で使われた凶器』


ほんのりと怖い話スレ その84

226 :本当にあった怖い名無し:2012/04/28(土) 09:46:36.31 ID:zdNRHEJu0
ちっとフェイク入れるから矛盾が生じても勘弁。

殺人事件が起きた。被害者は既婚女性。頭部を鈍器のようなもので殴打によるなんたらで死亡。
現場の状況、周囲への聞き込みから、担当刑事は容疑者は女性の夫ではないかと睨んでいた。
だが、凶器が出ない。犯行現場だけでなく、夫の職場に断って探してみるも出てこない。
ドラマと違って、現実は凶器が見つからないと色々と厳しいらしい。

現場百遍。今日も夫の職場に断って、凶器を探す刑事さん。
倉庫を見させてもらっている時に、ふとうずたかく積まれた何百個とあるダンボールの一つを開けてみる。
中には、赤黒く汚れた布に包まれた凶器があった。
その凶器が決定的な証拠となり、夫の自供も得られ、無事解決。

その話を聞いた時、さすが歴戦の猛者の勘は凄いと感嘆したのだが、
刑事さんは納得がいかないといった様子で締めた。
「何かな、呼ばれたような感じがしたんだよ。
 別に声とかが聞こえたわけじゃないんだがな。
 ああ、あの箱を開けなくちゃならないんだ、ってさ。
 おまけに、凶器を見つけた瞬間、その時だけ何故か妙に怒りが込み上げてきたっていうかな・・・」

次の記事:『遊泳禁止区域だった海水浴場』
前の記事:『古い家の解体工事』
[ 2012/05/31 ] ほんのりと怖い話 | この記事をツイートする | B!


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。