怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-5546.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『家のすぐ横にある小道』
前の記事:『山で煙草を吸っていると』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『山で気分が高揚する』


∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part62∧∧

848 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2012/06/30(土) 19:18:43.65 ID:pL6kuC5u0
先輩の話。

一人で山を歩いていると突然、気分がどうしようもなく高揚したのだという。
先輩はまず自分の歩くペースを乱さない人で、常に冷静な性格だったのだが、
何故かその時は、全力で何処までも走りたくなったのだそうだ。
「わはははははは!」と高笑いを響かせながら、普段は出さないような凄いスピードで山道を駆け出した。
自分でも不思議なことに、とても身体が軽く、急勾配の上り坂でもまったく
駆ける速度が落ちない。そのままどんどんと、自分でも信じられない速度にまで加速していく。
堪らない快感だったという。
岩場を飛ぶように駆け上った時には、まるで天狗にでもなった気がした。
岩に取り付いていた登山者が、目を丸くして先輩を見ていた。

そんな感じで全力疾走しているうち、意識を失ったらしい。
電球が切れるように、パッと意識が途切れたそうだ。
気が付けば先輩は叢に倒れていて、誰かに介抱されていた。
「やぁ目が覚めたね。身体は大丈夫かい?」
身体の節々が痛かった。限界近い力で全力疾走したような感じ。


849 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2012/06/30(土) 19:22:38.89 ID:pL6kuC5u0
礼を述べながら話をすると、世話してくれていたその人は、岩場で追い越した登山者だったとわかった。
「驚いたよ、僕の頭の上をタッタッタって飛び越えていくんだから。どこかの修験者か山伏かと思ったよ」
そう彼に言われた先輩は、
「山を歩いていると、突然全力で走りたくなったんです。
 でも何故そんな気持ちになったのか、全然わからない。
 あんな飛ぶように走るのなんて、自分には絶対できない筈なんです」
そんなことを訴えた。
その人はニコリと笑って答えた。
「山に呑まれたね。天狗にでも憑かれたかな。
 身体に無理させているだろうし、しばらく休んでから下りるとしよう」
結局、下山するまで一緒に行動してもらったのだという。
何度も礼を述べ、ペコペコと頭を下げてから別れたそうだ。

「迷惑掛けちゃったけど、本当に助かったよ。
 あれ以来、薬とか栄養剤とか、そちらの装備にも気を使うようになった。
 山に呑まれた後で目が覚めた時、傷だらけだったり疲労困憊だったりしたら大変だしな」
幸いにも先輩はその後、山に呑まれてはいないそうだ。

次の記事:『家のすぐ横にある小道』
前の記事:『山で煙草を吸っていると』


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。