怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-5579.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『ぶるぶるの友人 給食の配給中』
前の記事:『毒味噌』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『ぶるぶるの友人 シーソとゴザ』


実話恐怖体験談 拾七段目

751 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 01:54:16.52 ID:2OL0XE71P
ダメだがまんできねぇ。友人の話で短い話があるからそれだけ簡潔に書く。

シーソーってあるじゃん。俺の友人を仮にA、そいつの弟をBとしよう。
俺はAとBと一緒にスーパーでおかし買って公園で食ってたんだよ。
そしたらAが200円くらいするおもちゃ付きのお菓子買ってて、
なぜかシーソーの上にそのおもちゃを載せて、自分は地べたに座って組み立ててたんだ。
ちなみにシーソーはAの方が下に下がってた。
まぁこの時点で大体わかるだろうけど、まぁ期待して読み進めてくれ。Aは絶対に期待を裏切らないから。

いきなりクライマックスだが、
それまでなんかのお菓子をしゃぶりながらブランコに乗ってた弟Bが、
いきなりブランコを飛び下りておもっくそジャンプしてシーソーの反対側に飛び乗ったのね。
飛び乗ったっていうか全体重のせて蹴った感じ。
反対側が跳ね上がるよね。置いてあったおもちゃがシーソーごとAの顔面に叩きつけられるよね。
おもちゃは粉々、ご覧の有様だよ。
俺はその時、横のなんか動物の形したバインバインッてなる奴に乗ってなんか食ってたんだけど、
いきなりの出来事過ぎて呆然としてたんだよ。
そんではっと我に返って弟Bに「なんでこんなことするんじゃぁっ!!」て詰め寄ったらさ。弟がやばいのよ。
「あばばばばばば」みたいな感じで発作みたいになってんの。
俺はその後黙って顔を抑えてるAに「大丈夫か!?」て駆け寄ったんだ。
そしたら、
「◎~¥ぁ%サマノタタリジャァァァァーーーーーーっ!!!」(ちなみに~様ってつけるようなものではない)
とか叫んで、ヒヤァァァァァァァとか言い出すの。
その時小学生だったから俺もうどうしていいかわからなくなってさ。
Aは弟おいて奇声発しながら自分ちの方に走っていくし、弟Bはなんかイカれてるし、
Aのチャリはだれが持っていくんだろうとかもう考えがめちゃくちゃになっちゃって、
俺もう全部ほっぽりだして家に帰っちゃったわけよ。


752 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 01:55:40.00 ID:2OL0XE71P
次の日、下の前歯が一本なくなったAに会って、
昨日弟を置いて帰ったことを詫びて、なんでいきなり家に帰ったのか聞いたんだ。
ここからがホラーパート。
上は俺が見たことだから俺の実体験だけど、ここからはAの話してくれたことだから本当かどうかの責任はとれない。
まぁ嘘つくような奴じゃないから本当だと思うけどね。

Aの家の近くにはいわくつきの神社があって、
詳しくっていうかこういういわれがあるって書いたら確実に場所がばれるし、
そのあたりで「キチガイいますか?」て聞いたら100%A兄弟が特定されるから書けない。
神社は賽銭箱もなく常に管理してる人もいない。
周りは用水路で水引いて水でぐるって囲まれてる。でも囲まれるように山林があって常に暗い。
お参りしてる人もいないのに、なぜか補修工事とか何十年かに一回やってる。
AとBは事件のあった前日に、神社の敷地内でたけのこ掘りつって竹を掘り返しまくったらしい。
ちなみにその頃はもう4,5月で、たけのこなんてもうないよっていう状態。

ちなみにABは不良でもないしDQNでもないし、どっちかっていうといじめられっこだし動物にもやさしい。
おつむが弱いだけかと思いきや、車関係の修理工場から中学卒業時にスカウトみたいなのが2件あって、
高校行きながら働いてて、ほとんど就職してるような状況だった。

俺はそれ聞いて、「たけのこ掘って穴ぼこだらけにしたせいで、弟B憑りつかれてるじゃねぇか!」て怒ったんだ。
そしたらAも反省したのか、その日夜中に神社にお酒お供えに行ったらしい。
ありえねぇだろ?夜中だぜ?それがまた拍車をかけたのかすげぇことになるんだよ。

神社がガチでいわれがやばいていうのと、
(でも知ってる人はかなり少ないと思う。ただ祀ってるのの名前を聞いたらほぼ皆知ってるレベル)
AB兄弟の段違いのキチガイさが合わさって、この後も大変なことが続くんだ。

Aの現在の破損部:下の前歯

序章 終


753 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 02:05:22.74 ID:2OL0XE71P
ごめん、なんでAが家に帰ったのか書いてなかった。
いやまぁ書かなくてもいいんだけど、理由は特にないらしい。そのあと返って飯食ってたらしいから。
神社に夜中酒もって行ったのも、お化けが怖いっていうのが全くないせいらしい。

そして俺確かに中学の頃は精神的に弱かったから、自分で被害妄想しちゃってたのもあるかもしれん。
ババァはただの嫌なババァで、中毒になったのは俺の精神的な問題で、
ババァはとりあえず味噌取り上げてどっか空気のいいところに行かせただけなのかもしれん。
でもここまで書いておいて実は俺の被害妄想だったってある意味恐いな。


756 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 02:54:06.92 ID:2OL0XE71P
俺もそろそろ寝るよ。というか寝なきゃいけない時間をはるかにオーバーしてしまった。みんな反応してくれてありがとう。
コテハンつける気はないけど、何かあったら中華味噌中毒男って名乗るよ。

親父に関しては本当にただの事故だと思う。
行ってた国も中国じゃない、し親父は俺が味噌中毒になったこと知らないからさ。
でも外国だから何があるかわからないよね。

あと神社は調べたら書いてもぜんぜん平気そうだった。
蛭子神社っていうんだけど、大体それ祭ってるところは恵比寿様も祭ってるらしい。
Aの家の近くにあるのは恵比寿様は祭ってない。まぁ本当に祟りとかないようそれ一点に絞られて建てられたって感じ。

Aに関しては、小学校の一連の流れのあとに俺がバーミヤンでぶるぶるしちゃったときに繋げられるので、
話が長くなるけどお付き合いいただければと思います。
また今日の夜にでも投下する予定です。
それではおやすみなさい。


765 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 19:48:49.50 ID:2OL0XE71P
昨日から話を投下している中華味噌中毒男です。話を一つまとめられたので投下します。
誤字脱字読みにくい点、意味不明な点あったら補足するのでどんどん言ってください。

昨晩神社にごめんなさいのお酒を置いてAは安心したのか、夏にAの弟Bと俺を連れて例の神社に遊びに行ったんだ。
俺は最初その神社は気味悪いから神社の手前の道路で用水路に石を投げいれて遊んでた。
Aと弟Bはどっかからゴザ(藁みたいなのでできた分厚い布みたいなやつ)を持ってきて、
神社の周りにある林でカラス瓜って呼ばれてる拳より小さい食べられない実をちぎってゴザに集めてた。
林の木には蔓が巻きついていて、その蔓からカラス瓜は生えてた。
食えないし何も価値はないんだけど、道路から見てた俺は実をちぎる2人が羨ましくてしょうがなかった。
小学生だったっていうのもあるけど、生ってる実を見つけてちぎるっていうのがすげぇ羨ましかったんだ。
AB兄弟は木の下から瓜を探してたけど、
俺は離れた道路から見てる分、兄弟よりもまだ色んなところに実の取り残しがあるのが見えた。
そのうちいてもたってもいられなくて、ついに神社に入って一緒にからす瓜を取るようになった。

俺達3人は実をちぎった。一心不乱にちぎりにちぎりまくった。
自分たちの手の届かない瓜を親の仇のように見上げて、
取れないならと神社の掃除用の竹箒を持ってきて、柄の部分を振り回して叩き落としたりした。
あまりにも高いところにある実に石を投げたりもした。
とにかく生っているもの全て根絶やしにしないと気が済まない状態だった。


766 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 19:49:43.78 ID:2OL0XE71P
実をあらかた取りつくした俺らは、神社の湧水を飲みながらこれからどうするか考えた。
すると弟Bが「下の道路に行って、カラス瓜をコンクリートに叩きつけて遊ぼう」と言った。
妙案だと思った。
正直この食べられない実を集めてどうするかなんて考えてなかったし、
冷静になって考えてみるとどうすんだこれ?てなってた。
そして俺たちは暇だった。遊びに餓えたトイザラスキッズだった。
神社の前にある道路はたまに車が通るから、下ってほとんど車の通らない道で遊ぶことにした。
ただ、ゴザにのった実をどうやって運ぶかが問題だった。
神社は山の腹の部分にあって、階段でいうと3~40段分くらい下らないと下の道に行けない。
神社の前の道をぐるっと回ってからなら下に降りる大きな道路に合流するんだけど、そこまで行くのも面倒くさかった。
だから俺達は神社の前の土手をそのまま降りることにした。

その時Aが、
「俺はこのゴザにカラス瓜のせて、土手を滑りながら降りるわ」
そう言うと、ゴザに座り端をつかんで巾着みたいにした。
俺と弟Bはメロス並にぶち切れた。
『面白そうすぎる!そんなことお前ひとりやるのはずるい!』
みんなもやったことあるかもしれないけど、土手を段ボールとかで滑り降りるあれをAはやるつもりだったんだ。
俺も弟Bもそのくらいの遊びは今までやってきたことあるから、それがどれだけ楽しいのか知っていた。
弟Bなんてもうカラス瓜なんてどうでもいいから全部用水路に流してAと二人乗りして滑りたいって、
羨ましすぎて泣きそうになりながら言った。
というか泣いていた。
(Aと俺は小6、弟Bは小2か3だった。弟Bは自分の思い通りにならないことがあるとすぐに癇癪を起こして泣く癖があった)


767 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 19:51:14.07 ID:2OL0XE71P
AもAで兄ちゃんのくせに、
「お前が瓜を乗せたままこのゴザを制御するのは難しい」とかそんなようなことを言って譲らなかった。
弟Bはもう泣きわめいて地団駄を踏んだり近くの木に頭をゴンゴンぶつけたりして、
『ホラッ!兄ちゃん俺はこんなにもそれがやりたいんだ。ここまでやってるんだから代わってくれ』アピールしてた。
俺もいつもなら代わってあげなよって言うんだけど、
その時はいきなりAにタックルしてそのままゴザを奪って滑り降りちまえば下ったもの勝ちだ、という葛藤に苛まれていて、
弟Bどころじゃなかった。
それくらいやりたかった。

弟Bが道端の草を食っては吐き食っては吐きしだした頃、
俺は神社に竹箒と塵取りが入った段ボールがあったのを思い出した。
俺は泣き喚いてついにカラス瓜を齧りだした(めっちゃ苦い)弟Bを、
段ボールがあるからと落ち着かせて口をゆすがせると、神社に取りに行った。
一応ちゃんと後で返しますってお参りしてから段ボールを持ってきた。
そして俺と弟Bは段ボールを2つにちぎってAの右側に並んだ。
下を見下ろすと結構高い。
俺らが下ってすぐコンクリートの道路が土手に沿ってあり、その先はガードレールと川が流れていた。
俺達は一斉に滑り出した。
急斜面だったし結構なスピードが出たのを覚えてる。
俺と弟Bは真っ直ぐ下ったんだけど、Aだけ明らかにおかしい方向に滑って行った。
左斜めに軌道が逸れていって、横目で見てもあぁやばいなって思った。
なぜなら、俺たちの正面の道路は2車線くらいの幅があるけど、
左に行くにつれて狭くなって、最終的に車一台分くらいしか通れなくなるからだ。(車の通りが少ないのはそのせい)
Aもやばいと思ったのか、「ウギャアアアアアアアアア」て叫んでた。
俺らみたいなダンボールだったら足でブレーキかけられるんだけど、
Aの場合瓜が落ちないようにゴザを巾着状に持ってそのまま滑ったから足も出なかった。
色んなことが重なってやばい状況になってた。


768 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 19:53:04.24 ID:2OL0XE71P
今思うとゴザには縫い目があるし目に沿って滑ればまっすぐ滑るだろうけど、
多分Aは変な風にゴザの端をもって、目が斜めになるように滑っちゃったんだと思う。
じゃなければ何か悪い物にでも引っ張られない限りあんな風に斜めに滑らないと思う。というかそう思いたい。

滑りだしてから降りるまで実際は一瞬だったけど、Aのせいで俺には結構長く感じた。
Aはそのまま道幅の狭い左に流されて…
今でも笑っちゃうんだけど、降ってそのままポーンって飛んでガードレールに顔から衝突した。
ゴザを握ってるからかしらないけど顔から行ってた。マンガみたいだった。
幸い川にまで落ちることはなかったんだけど、ぶつかった拍子に道路と川に瓜が落ちた。
Aは鼻を折って顔面血だらけになってた。
俺と弟BはAに駆け寄ったんだけど、弟Bが腹抱えて笑ってたせいで俺も堪らえきれなくて少し笑ってた。
瓜を道路に投げつけて遊ぼうとしてた俺らが、なぜかAだけ自分が道路に投げ出されて鼻が潰れた。
後から聞いた話だが、Aがのってたゴザは境内の裏にあった日除けか何かの物を勝手に持ち出していたらしい。
そのあとAを連れて帰り、Aはすぐ病院に連れて行かれた。


話自体はこれでおしまい。
別に怪奇現象的なこともなかったし良くある子供の悪ふざけで起きた事件なんだけど、一つだけ不思議なことがあった。
Aがガードレールに衝突して瓜が散らばったんだけど、散らばった瓜の中に熟してるものがあったんだ。
結論から言うと、俺もAも弟Bも熟した瓜は取った覚えはない。というか夏に熟した実は多分ないと思う。
からす瓜は熟すと赤くなって腐ったトマトみたいになるから俺らも触りたくないし、
その時も俺はなんでこれ熟してるの?て思ったから、今でもはっきり覚えてる。
不思議なことがあったとすればそれだけ。熟してぐじゅぐじゅで真っ赤になった瓜が混ざってた。

神社関係でAにあった出来事はでラストです。
最後のは今までに比べると一番心霊体験っぽいし、Aもかなりやばいことになります。
学校であった事なのでBは出てきません。

今回のはなんだかつまらなくて申し訳ない。
文章力もないので読みにくいかもしれないけどお付き合い頂ければと思います。

Aの負傷箇所:下の前歯、鼻骨折

次の記事:『ぶるぶるの友人 給食の配給中』
前の記事:『毒味噌』
[ 2012/07/24 ] 実話恐怖体験談 | この記事をツイートする | B!


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。