怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-5644.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『川で溺死した伯父さん』
前の記事:『放課後の小学校』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『苗字が同じ』


ほんのりと怖い話スレ その86

573 :本当にあった怖い名無し:2012/07/27(金) 14:23:26.32 ID:CPzrWDN00
中学生の頃、留守番していると家電が鳴った。
「はい、もしもし…」
うちは母子家庭で母は夜に帰ってくるから、イタ電防止のためにも電話口で苗字は名乗るなと言われてんだ。
『もしもし、○○といいますけどお母さんいますか?』
初老のおっさんの声だった。
「母は出掛けていていません」と言うと、
『そうですかぁ、お兄さんは元気ですか?』と聞かれた。
確かにうちには年の離れた兄がいるので、このおっさんは母ちゃんの知り合いなんだろうな…って安心したんだ。
「はい。兄も元気です。母にご用ならなにか伝えときましょうか?」と言うと、
『いやいや、聞きたいことあっただけだから、お嬢ちゃんでいいよ』
「…?」
『お宅の近くに○○外科医院ってあるでしょ?』
「はい?あぁ、ありますねぇ。」
『お宅と○○医院と何かしら関係あるの?』
この○○医院の名前がうちの苗字と同じだったんだ。
「…?いや、関係ないと思いますけど??そんなの聞いたこともないですし……」
『ウソつくなぁ!!!○○医院と関係あるんやろうが!!』
おっさん発狂、私涙目。
『○○医院は許さない!皆殺しにしてやる。お前らも無事に生きていけると思うなよ!云々かんぬん』
ここで怖くなり電話を切った。
電話線も抜いて、泣きながら兄ちゃんと母ちゃん帰ってくるの待ってたんだ。
んで、母ちゃんに泣きながら話したら、当然そんなおっさんは知り合いでもないし、○○医院とも無関係だとのこと。

苗字が一緒なだけで勘違いされて脅されるとか、マジで怖かったです。


574 :本当にあった怖い名無し:2012/07/27(金) 14:50:22.62 ID:hnxPOz/40
>>573
大津いじめ事件でも、苗字が同じなだけで加害者の親だと決めつけられて脅迫電話とかすごいらしいわ。
人の思い込みって怖いな。


575 :本当にあった怖い名無し:2012/07/27(金) 15:06:32.81 ID:2N/H681E0
>>573
近所に同じ苗字の自動車整備工場があるんだが、そこと間違えてウチにかかってきたことがある。
一番ひどかったのは、どこかのおばあちゃん。
『○○整備工場のお宅ですか』→「違います」→『では、その工場の家の電話番号は知ってますか?』
→「知りません」→『そうですか、ではそちらは○○整備工場のお宅ですか?』→「違います」…
30分もこの状態が続いたんだぜ…
最終的にはこっちから電話を切った。


576 :本当にあった怖い名無し:2012/07/27(金) 15:24:26.34 ID:CPzrWDN00
>>574
>>575
ホントに自分と関係ないところで人に恨まれるとか恐すぎですよね。
思い込みが現実になってしまうパターンもあったかと思うと今でもgkbr

後日談として、
・おっさんがうちの家族のことを近所に聞きまくる。
・おっさんがあることないこと噂流しだす。
・母ちゃん激ギレで、母ちゃんの店のお客さんの893に話つけてもらう。
・おっさん街からいなくなる。

この時、母ちゃんがとある893の幹部の愛人だったことも判明して、そっちもある意味怖かったですwwww


598 :本当にあった怖い名無し:2012/07/27(金) 21:03:42.84 ID:AXtd9jLS0
>>576の母親が高島礼子みたいな人だと想像したら興奮してしまいました


599 :本当にあった怖い名無し:2012/07/27(金) 21:20:05.22 ID:CPzrWDN00
>>598
残念。
若かかりし頃はGカップの可愛い系でしたが、現在は性別すら越えてムッシュかまやつだw

次の記事:『川で溺死した伯父さん』
前の記事:『放課後の小学校』
[ 2012/08/10 ] ほんのりと怖い話 | この記事をツイートする | B!


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。