怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-5722.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『歴史ドール』
前の記事:『キャラ人形』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『負の贈り物』


恐い話@同人板17

314 :恐い:2009/09/10(木) 18:20:06 ID:cWa0il05O
今までに最高に恐かったのは、負の贈り物だわ。
宅急便で自分宛に届いた荷物なんだけど、
送り元に覚えがないのに、まー確実に自分宛なんだし、と考えなしに開けてしまった。
なんかバラバラになった自分の(描いた)同人誌が入ってた。ハサミで切り刻まれてるの。
それと一緒に、首だけにされたジぇニーちゃんが出てきた。
リアルに頭から足まで震えるくらいぞっとしたの生まれて初めてだった。
送り元として名前も電話番号も書いてあったけど、確かめる勇気なんかなかったよ。
吐きそうになりながら全部捨てた。

もう結構前だけど、未だになんでか理由がわからないし、何がしたかったのかも不明で、とにかく不気味だった。
怖い思いしたのはそれ一回で、その後の話もないんで同人活動つづけてるけど、
やっぱまだ怖くて、今はもう奥付に住所載せるのをやめた。自家通販もしてない。


339 :怖い:2009/09/11(金) 16:45:39 ID:iKJzNPMj0
遠い昔の怖いお話。

昔々の大昔、801書き(描き)はものすごーい迫害受けてた。
健全以外は認めないふじこふじこ!な人たちが801側に攻撃する時のお定まりの手段が、
カミソリの刃を無記名のファンレターで送る、というもの。
仕込み方があって、開封時に指が切れるようにしてあった。
中は白紙のこともあるけど、入っていたら『制裁』とか『天誅』『呪い』とか書いてあった。
だから身に覚えがある人はみんな、ものすごく気をつけてペーパーナイフでおそるおそる手紙を開封してた。
知り合いがうっかり開けて血まみれになってたのを今でも思い出す。
801でなくとも妬まれたら来ていたみたいだね。
目の前でびりびりに破くも見たし、
びりびりが全頁赤インクびたしで、ご丁寧にカミソリ付きで送られてきた話も聞いたっけ。

昔は奥付に住所載せるのが当たり前だったから出来たことだけど、
今で言うジャンル神と仲がよかった自分の家にも来てびっくりした。
当時買い専だったのにどうやって住所知ったかは今でも謎。
そっちの内容は、
『買い専の分際でふじこ!神と仲良しなんてありえないふじこ!』(現代訳)
まあ、それっきりだったしスルーしたけど、よく考えたらやっぱり怖い話。


340 :怖い:2009/09/11(金) 17:03:30 ID:kVVbuhLB0
当時は「カミソリレター」なんて呼ばれてたなあ。
そういうのを送りつけるのはもはや常識で、
同人に限らず嫌いな芸能人とかそういう人にもよく届いていたとか。
今じゃ考えられない話だが…
今だとメールボム(これも古いか)とか、ウイルス仕込みメールとか、出会い系無断登録とかがそれなのかな。

一番恐ろしいのは人の心というお話。


342 :恐い:2009/09/11(金) 18:50:38 ID:TKF+DvXxO
>>339
差し入れのお菓子にガラスの破片が入ってたっていうのを古い同人誌のトークでみたな
やる人の気が知れん


344 :恐い:2009/09/11(金) 20:58:42 ID:MzAcvKmY0
>>342
KOEEEEEEEEEE
「他人の手作りの料理は食べられない」って
「どんな環境で作ったかわからないから」だけが理由じゃないんだ


345 :怖い:2009/09/11(金) 21:04:30 ID:4rdzq5Rq0
>>344
その理由は初めて知ったw
そうか、普通はそう思うよな…

DQNな知り合いが、気に入らないサークルに下剤入りのお菓子差し入れしたいと話してるの聞いてから、
手作りは勿論、知らない人や影で私を叩いてた人からの食べ物の差し入れはかなり警戒するようになった

次の記事:『歴史ドール』
前の記事:『キャラ人形』
[ 2012/09/04 ] 恐い話@同人板 | この記事をツイートする | B!


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。