怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-5773.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『深夜の公園』
前の記事:『元オタ友の遺品整理』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『真夜中に悲鳴』


ほんのりと怖い話スレ その87

96 :本当にあった怖い名無し:2012/08/11(土) 09:51:11.72 ID:vdelH7gs0
いつからか祖母が突然「お母さん!助けて!」と寝言で叫ぶようになった。
あまりに大きな悲鳴なので、二階で寝ている俺まで驚いて目が覚めるくらい。
下に降りて様子を見て寝言だとわかる度に、俺はもうだんだん気にしなくなっていった。

そんな日々が続いて、
ある日祖母が軽い脱腸の手術の為に一日入院して家に帰ってくると何故かノイローゼ患者みたいなってて、
その後アルツハイマーで死んだ。
祖母は育児放棄された赤ん坊の俺を育てるくらいしっかりした人だが、祖父曰く臆病な気質らしい。
だから、一日の病院の中で無駄に不安になったのがよくなかったんじゃないかと言っていた。

想像力というのは恐ろしいもんなんだな。
祖母が死んでからふと、あの頃祖母がどんな夢にうなされていたんだろうと思うことがあるよ。
聞いておけばよかったな。まぁ寝言なんだけどね。


103 :本当にあった怖い名無し:2012/08/11(土) 18:31:29.27 ID:mPRaBcow0
>>96
随分前に亡くなったうちの祖母も、真夜中に悲鳴上げてた時期があったよ。
もう、恐怖が言葉にならないって感じの引きつったような悲鳴。
最初の頃は同じ一階で寝ていた父親や母親が様子見に行っていたんだけど、「何でもない」の一点張りで、
その場で聞いても翌朝聞いても、ただただ「何でもない」しか言わなかった。
泥棒とかそういうことではないようだし、飼ってた犬も反応してなかったし、大抵悲鳴は一回きりだったので、
そのうち両親も様子見にいかなくなった。

でも、ある夜、もう二時も回ろうという頃になって、祖母の悲鳴が何回も続いた。
さすがにまずいんじゃと二階の自室から降りていくと、
祖母は布団に起き上がって、両手を胸の辺りで震わせたままで硬直してた。
『恐怖』ってタイトルがつく蝋人形みたいな形相で、何度か声をかけたら、ふっと表情が戻った。
それでも怖がってたのは明白だったので、理由を聞いてみたけれどやっぱり「何でもない」。
結局、祖母の夜中の悲鳴は、ぼけちゃって何も分からなくなるまで続いた。


105 :本当にあった怖い名無し:2012/08/11(土) 18:33:52.25 ID:mPRaBcow0
実はこれには後日談があって、
祖母が亡くなって数年経ってから、元祖母の部屋を父が自分の趣味の部屋にして、
そのうちベッドも入れて完全に自室にした。
そうしたら、今度はたまに父が夜中の悲鳴を上げるようになった。
理由を聞くとやっぱり「何でもない」。
祖母のときはさんざん文句を言っていたのに、父も理由は頑として言わず、
かといって元祖母の部屋から自室を移そうともしなかった。
結局、大酒のみで肝臓を悪くしていた父はその部屋で突然死したんだけど、
(一応検死してもらったけど、心筋梗塞というだけの結果だった)
たまにあの悲鳴と関連はあったのかもともう時がある。

ちなみに、その家は父が亡くなったあと建て替えられたので、既に存在しない。

次の記事:『深夜の公園』
前の記事:『元オタ友の遺品整理』
[ 2012/09/17 ] ほんのりと怖い話 | この記事をツイートする | B!


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。