怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-5923.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『川の畔』
前の記事:『不審な車』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『祭りの後』


∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part64∧∧

219 :本当にあった怖い名無し:2012/09/05(水) 13:58:24.26 ID:ASvnoGC0P
祖母の昔語りで聞いたこと。

いつの頃からか分からないが、ある地区の言い伝えによると、
祭りの後には何故か、必ずといっていいほど一人の行方不明者が出ていたそうだ。
行方不明になるのは決まって年頃の青年だという。
毎年、夜祭りの神楽の最中にいなくなった?と思われるが、
夜神楽の最中には村人が全員、神社に集まっているはずだし、
小さな山村なので都市部の祭りのように、外部から縁日の興行や見物客が来る事もない。
幼い子供ならともかく、ある程度成長して力も体力もある男性が、なぜ簡単に行方不明になるのだろう。
ましてや、若い男は農家にとって貴重な働き手でもあるはずなのに?

その集落では◯◯◯さまという土着の神を祀っているそうだけど、
ネットで検索しても◯◯◯さまの詳しい情報は出てこないし、祭祀の内容などもよく分からない。
口減らしや生贄でこっそりと…という想像が当てはまらない所に、嫌な感じのリアルさがあって、より不気味だと思う。


220 :本当にあった怖い名無し:2012/09/05(水) 14:26:10.08 ID:NczyqLkO0
>>219
まあ、言い伝えのようなもんなんだろうけど、いつ頃の昔話なんだろうね
普通の祭りでそんな昔話があること自体、確かに不気味だな


223 :川の畔・その2:2012/09/05(水) 15:15:59.02 ID:ASvnoGC0P
>>220
明治~大正時代の郷土史に記録があるようです。
昭和の時代になってからは不明。

ただ、祖母がちょっと口を濁していた事から察するに、被差別部落とかそういうのが絡んでる可能性もあるので、
おそらく大学の聞き取り調査などでも、これ以上の話が出てくる事は無いでしょうね。

次の記事:『川の畔』
前の記事:『不審な車』


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。