怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-5930.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『息子の送迎』
前の記事:『お山に連れてかれる』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『迷い行者』


∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part64∧∧

527 :本当にあった怖い名無し:2012/09/30(日) 01:28:22.11 ID:1ExHbpF60
こんばんは、ばくの話を書き込んだ者です。
今度は資料からまとめてみたので書いてみます。

【迷い行者】
昔、猟師が山に入って狩猟をしているときのことです。
その日、猟師はめぼしい獲物をとらえられず、あきらめて下山することにしたそうです。
しかし、あきらめるまでがながかったためか、辺りは暗くなり始めていました。
猟師は気味が悪くなってきて、急いで山を下りたそうです。


528 :本当にあった怖い名無し:2012/09/30(日) 01:33:10.77 ID:1ExHbpF60
ふと下りてる途中で、後を誰かがついてくる気配がするのに気づきました。
猟師は、同業者が自分と同じように獲物が捕れなくて下っているのだと思ったそうです。
しかし、足音意外にも音がすることに気づきました。錫杖や鈴、そしてぼそぼそ話し声が聞こえたそうです。


529 :本当にあった怖い名無し:2012/09/30(日) 01:39:53.48 ID:1ExHbpF60
猟師はこれは変だと思い、岩の物陰に身を潜めて後を追う者達を探ってみました。
すると(ここから虫食いとか昔の字でわかりにくくて間違いがあるかもしれません・・・ごめんなさい;)
「やや見失った」「そんなことないもっとよく探せ」「あの男についていけばきっと村里にでられるはずだ」


530 :本当にあった怖い名無し:2012/09/30(日) 01:43:06.62 ID:1ExHbpF60
「村に下りられればなんとかなる」「あんじょうにすんな(地域方言で、『逃がすなよ』とか『無事ですますなよ』という意味)」
など、会話しているのが聞こえました。
猟師は『迷い行者』という3人の修験者の話を思い出しました。


531 :本当にあった怖い名無し:2012/09/30(日) 01:46:49.93 ID:1ExHbpF60
その昔、その山で若い修験者が修行をしていました。
しかし、きて間もない山で山道も判らないため、腹が減ったり、怪我をしたりして村里に下りたくても下りられず、
そのまま野垂れ死んだ、という話を思い出したのです。
それからその山には3人の行者が化けて出て、山に入った者の後をつけて村に下るというのです。
そして猟師はおめおめ後をつけさせて村に下らせると、その村に災いが降りかかるという噂も聞いていました。


540 :本当にあった怖い名無し:2012/09/30(日) 20:41:15.45 ID:1ExHbpF60
猟師はどうしようか、どうしようかと岩に身を潜ませながら考え込んでしまいました。
しかし、あまり長い間考え込むと、今度は暗くなって自分が下りられなくなってしまいます。
そこで焦った猟師は適当に、
「わしをつけてきても無駄じゃ!わしも山で死んだ人間じゃ!
 わしについてきても里には下れんし、食い物ももってないから腹もふくれんぞ!」
と叫びました。


541 :本当にあった怖い名無し:2012/09/30(日) 20:45:14.82 ID:1ExHbpF60
するとその声の主達は、
「なんじゃ、残念じゃ」「そりゃあすまんかった」「まったく、いかん」
と台詞を吐いて、足音や錫杖などの音が遠ざかっていったそうです。
猟師は音が聞こえなくなるのを確認すると、
できるだけ足音を立てないように、足跡を残りにくいような場所を通り村まで帰りました。


543 :本当にあった怖い名無し:2012/09/30(日) 21:06:35.83 ID:1ExHbpF60
それからその村近辺では、夕方に山に入らないようにして、
万が一迷い行者に遭遇してしまったら、
『自分も山で死んだから、ついてきても意味がない』と答えるように、という習わしができたそうです。

次の記事:『息子の送迎』
前の記事:『お山に連れてかれる』


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。