怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-6113.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『都会の緊急病棟』
前の記事:『親子』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『遊ぼうおじさん』


死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?104

301 :S:2005/07/21(木) 22:21:12 ID:ECNmkjwcO
これはある本のモデルにもなってる、僕が本当に体験した話です。

私の住んでる東京のある地域で10年程前に、『遊ぼうおじさん』という正体不明な人がいました。
私はその頃小学生でした。
その人は紙袋に左右不対称な目を書いて頭に被っていました。
ちょうど首の辺りを縄で結んでいました。

生徒が夜八時ごろまで学校に残っていると、おじさんが迎えにくるんです。
けどおじさんは絶対に校舎には入ってこれないんです。
僕は鍵っこだったので家に帰っても暇なので、おじさんを見てやろうと思いました。

僕は先生の目を盗んで、校舎内に七時半ごろまで残っていました。
しかしやっぱり小学生なので、考えると非常に怖くなったから帰ろうと思った。
正面玄関は鍵がかかってるので開けられないから、そのまま通り過ぎようとしました。
だけど玄関の外を見ると誰かがいました。
「あそぼう、あそぼう」
何回も繰り返して言ってます。
絶対ヤバイ!そう思った私は一生懸命に走って違う出口に向かおうと思いました。
廊下の窓から外を見るとおじさんも走っています。叫んでます。
「あそぼうー」
僕はもうどうしようもなく怖くなり、広い所へ逃げたくなりました。
気が付くと体育館まで来ていました。
しかしあんな広い所に電気なしでは怖すぎる。急いで電気をつけました。
しかし一瞬で後悔しました。
体育館の窓の前全部におじさんが立って窓を叩いて、
「あそぼうー」
僕はそこで気を失ってしまいました。

次の日、僕は先生にこっぴどく怒られました。
夢だと思いたかった。
しかし外には紙袋が捨ててあったんです…


303 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 22:24:33 ID:qRJrH4TP0
「不安の種」だね。>ある本

次の記事:『都会の緊急病棟』
前の記事:『親子』


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。