怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-6121.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:後味の悪い話その12~18まとめ
前の記事:『娘を殺害された父親のインタビュー』
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『とある魔術師の守護霊』


【全米が】なんか笑える霊体験20【テラワロス】

908 :本当にあった怖い名無し:2011/10/31(月) 02:59:55.17 ID:2VnGAdcL0
他スレで顔を出すことのある魔術師です。
本職は占師(拝み屋要素もある)で霊感はアリ、
霊能はかすかにあるというかほとんどないというか、ソノ程度のモノ。

友人二人(一人は霊感・霊能アリのプロ的霊能者、もう一人は霊感かなりアリの寺の跡取り)と家で酒呑んで、
オカルトトークしてたときに、ふと気になって訊いてみた。
「よく守護霊って言うし話題になるけど、オレの守護霊ってどんなの?」
自分はコチラに念を向けてるものなら気付くことがある程度の霊感しかなく、
霊を感じ取ることはできても直視はできないので訊いてみた。
「ああ、知らなかったの?(ニヤニヤ)」
「そうか、オマエは普段は普通の人と大差ないもんな(ニヤニヤ)」
二人とも妙に面白そうにしている。
「そこにいるから探してみな」ってんで、
五芒星を模ったタリスマンを身に付け、水晶玉を取り出し…などなどの準備をしてると、二人笑い出す。
こっちはそういう補助が無いと霊は扱えないんで、それを哂われてるのかと思ったが違ったようだ。


909 :本当にあった怖い名無し:2011/10/31(月) 03:14:52.45 ID:2VnGAdcL0
「もう居なくなったよ」
二人笑いながらそう言う。
「オマエの守護霊は、少女と言うか幼女というか」
「まあ、人形みたいな童女だな」
詳しく話を聞くと、古風な童女ですごく怖がりらしい。
自分が霊に関わる時や、心霊スポットに近づいた時、儀式・術を行う時など、
彼ら曰く「ピューとすごい速さで居なくなる」らしい。
魔術道具を出すだけでも逃げていくそうだ。
「それって、守護してるのか…?」
「オマエに霊的守護が必要なのか?」
まあ、良く聞くと、使い魔的ポジションの、見習いにもなれない下っ端駆け出しで、
ピューと逃げていく時は、より上位の守護霊サマのとこに逃げ込んでて、
イザという時には上位守護霊を呼んでくる準備をしてるそうだ。
心霊スポットや憑き物関係の仕事で私を連れて行くと、
童女が逃げ出すか如何かで、ホンモノとニセモノを見分けることが出来てたという。

しかし、ココで出る最強クラスでなくとも、それなりの守護霊であって欲しかった。

次の記事:後味の悪い話その12~18まとめ
前の記事:『娘を殺害された父親のインタビュー』
[ 2013/01/04 ] なんか笑える霊体験 | この記事をツイートする | B!


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。