怖い話まとめブログ ロゴ
※旧怖い話まとめブログ跡地
このブログについて  お問い合わせ  オカルトblogランキング  怖い話まとめブログ管理人のツイッター  B!

※この記事はhttp://nazolog.com/blog-entry-6181.htmlに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事:『グループで海外旅行に行った日本人』
前の記事:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?305~まとめ
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | この記事をツイートする | B!

『しのうかさん』


死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?5

546 :ネコメン:2001/06/17(日) 22:15
このスレは知的財産ですね。「お前が100円出さなきゃ全部消す」っていわれたら出しますね、たぶん。
僕もひとつお話しましょう。といっても身の回りの怪談の類はこれ一つしかないですけど。

僕の地元(高知県)に『しのうかさん』という都市伝説のようなものがあって、
詳細は良く知らないんですが、名前だけは子供の頃から聞いていました。
浦戸大橋の近くにある民家の話だったと思いますが、知ってる人がいたらフォロー願います。
これは場所が違うので別の『しのうかさん』のようです。
前振りが長くなりましたが弟の体験談です。


547 :ネコメン@続き:2001/06/17(日) 23:24
弟が中学生のころに、同い年のSと一つ上のT先輩に連れられて肝試しに行った。
バイク仲間の間で有名なスポットで、『しのうかさん』という場所(?)らしい。伊野町の方だそうです。

で、夜中3人でそこへ行くと、寂れた民家があって、有刺鉄線が巻かれ『キケン』とか書かれた看板がある。
中に入ると電気も通ってないので懐中電灯をつけて、居間っぽい畳敷きの部屋に座りこんだ。
T先輩だけ一度来たことがあって、弟とSは何があるのかも知らなかった。
で、T先輩曰く、ここで『しのうかさん』という怪談を“作る”と不思議なことが起こるという。
つまり『しのうかさん』自体に正体はないらしい。
まず弟が思いつくままにこんな話をした。
「昔この家の息子と近所の家の娘が恋に落ちたけれど、両方の家族から反対され思い悩んでいた。
 ある日娘が深刻な顔をして、『ねえ、死のうか。一緒に死のう』と言った。
 男の方は女の情念が怖くなり、家を捨てて逃げた。
 女はこの家のこの部屋で首を吊った」


549 :ネコメン@続き:2001/06/17(日) 23:29
これを聞くと、今までビクビクしている弟たちをからかうようにリードしていたT先輩が真っ青になって震え始めた。
続いてSが話しはじめた。
「昔この家の息子と近所の家の娘が恋に落ちたけれど、両方の家族から反対され思い悩んでいた。
 ある日娘が深刻な顔をして、『ねえ、死のうか。一緒に死のう』と・・・」
そこでT先輩が「それさっきN(弟)がゆうたやいか」と叫んで、ガタガタ震えながら部屋を飛び出した。
訳のわからないまま3人とも家を出てバイクに乗った。

それでT先輩の家まで帰りつくと、ようやく落ちついてT先輩が言った。
「前来た時もツレが、お前らと同じハナシしたんじゃ」


550 :ネコメン@ラスト:2001/06/17(日) 23:42
その後よくよく話を聞いてみると、
あそこで『しのうかさん』の作り話をすると呪いがかかって、近いうちに『しのうか』という声を何らかの形で聞く。
そこで『しのうしのう』と返答しないと死ぬ、という話だった。
都市伝説の類のようだが、結局T先輩もSも弟もそのあと異変はなかったようで今もピンピンしている。
しかし、作り話がかぶるというのだけが気味が悪い。
気になるのは、Sが何故弟と同じ話をしたのかという点だけど、弟は何故かは聞いてないという。
弟たちは気にならなかったそうだ。(なんでだよ)

文章へたでスマソ。
最後におまけ。
試しに僕も『しのうかさん』で作り話してみました。
カキコの大筋は実話ですが、弟の先輩の名前はTではなくKです。
さあなにか起こるかな♪

次の記事:『グループで海外旅行に行った日本人』
前の記事:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?305~まとめ


copyright © 2017 怖い話まとめブログ all rights reserved.
/ プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。